【保存版】WordPressアップデートで真っ白になった画面をダウングレードして戻す手順

こんにちは、今回は

「Word Pressのアップデートでエディターが真っ白になって戻らない人の為に、難しいことは抜きにして、すごく簡単に元に戻す方法」を解説します。

どのくらい簡単かというと、

ブログ初めたばっかりで知らない用語だらけ… Word Pressでコードをいじるとか全く無理です…怖い(・_・;

みたいな人でも大丈夫です。

こんどまた次に白くなっちゃった時のために、ぜひこの記事をブックマークしてください。

初心者の頃はささいな失敗でも、原因にたどり着くまでとても時間がかかります

だから、とりあえず今から説明する「簡単な方法」でささっと時間をかけずに解決してください。

あと、次回からアップデートを実行する前に、先にアップデートを行った人の書き込みを検索してみましょう。

困った状況になってる書き込みを見つけたら、アップデートの実行をちょっと待ってもいいかもです。

前置きが長くなりましたが、それでは本題です

Word Pressのアップデートを元に戻す手順

この方法は、「プラグイン」を使ってダウングレードする方法で真っ白になってしまったエディタ(文章を書く画面)を、元に戻します。

WP Downgrade | Specific Core Versionをダウンロードする

Word Pressのダッシュボードを表示します。次に「新規追加」を選んで「WP Downgrade | Specific Core Version」というプラグインをダウンロードします。

WPダッシュボード

以下の画像が、「WP Downgrade | Specific Core Version」という今回つかうプラグインです。この「プラグイン」を検索してダウンロードしてください。

WP-Downgradeプラグイン

ダウンロードしたプラグインを有効に設定する

ダウンロードしたらもう一度ダッシュボードプラグインから「インストール済みのプラグイン」を開き、今ダウンロードしたプラグインの赤枠部分を有効にします

次に、上の画像にある赤枠、「setting」のところをクリックして下の⬇︎画面になったら、赤枠の中を、その下の赤線より✳︎1つ前のバージョンに書き換えます

✳︎1つ前のバージョンて何?て人は下のURLを見てください

https://wordpress.org/download/releases/

次は、一番下の黄色い丸の「変更保存」をクリックすると、画面が変わります

WPダウングレード

画面が変わったら、下の方にあるUP-/ downgrade Coreボタンをクリックします。そうすると、また画面あが変わります。

次の画面は「再インストール」をクリックすると、Word Pressのバージョンが、一つ前に戻ります。ここで終わりではありません。次はキャッシュをクリアにします。

キャッシュを空にする

MacのSafariで説明します

画面上で、「command」 +「 , ] を押してください。そうすると下の画像と同じ「環境設定の詳細」が表示されます。一番下の項目メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックを入れます

デスクトップの上にあるメニューバーに「開発」って出ましたよね?そこをクリックして真ん中あたりにある「キャッシュを空にする」をポチってください。

ここまでくれば、終わりです。Word Pressのエディター画面がもとに戻っているのを確認してください。操作は以上です。

まとめ

超初心者向けに、難しいことは抜きに手順だけまとめてみました。

他にも、プラグインを細かく確認していく方法や、バックアップをとって書き換える方法など幾つかあるのですが、初心者がわからないまま間違えずにやろうと思うととても大変です

慣れて仕組みがもっとわかるようになるまでは、次にまた同じケースが起こった時用に記事をブックマークしといてくださいね

今回は以上です

タイトルとURLをコピーしました