イタリアで生まれ世界中で愛されている「ダヴィネス・オーセンティックヘアオイル」

毛先のダメージや乾燥によるパサつき、広がりを美しくまとめてくれるヘアオイル です。

香りが良く、オーガニック成分が豊富。

髪と全身に使えます。

でも何と言っても、

仕上がりのパーフェクトさとコスパの良さがピカイチ!

さらにProdact(プロダクト)のワックスと合わせて使うと、ゴワっとした髪がフワっと自然なボリュームに変わります

今回はそんなおすすめな 合わせ技 を紹介します!

【ダヴィネス・オーセンティックオイル】毛先ダメージ広がりを抑える使い方

①毛先ダメージや乾燥で広がる髪を、柔らかく仕上げる方法

濡れた髪をタオルドライ、

次にオーセンティックオイルをこのくらい↓手のひらに伸ばし、毛先から先に揉み込みます

毛先ダメージにはヘアオイルがおすすめ【ダヴィネス・オーセンティックオイル】

次に残ったぶんで髪の内側をもんでいきます。

最後に手に残っているオイルを髪全体に広げる感じで、トップや、前髪にササッと手ぐしを通してください。

ポイントは付け過ぎないこと。

少ないくらいでちょうどいいです。

髪だけでなく全身に使えるので

タオルドライした髪にもみこんだあとは

腕やひじにつけてもOK

あとはドライヤー軽くで乾かすだけ!

柔らかくて、広がらない自然な仕上りに。

②濡れ髪風、束感を出す方法・手直しOK!

「ダヴィネス・オーセンティックオイル」髪のボリュームを抑える使い方

オーセンティックオイルの量を調節すれば、濡れ髪風のウェット感を出すこともできます。

そこからさらに、髪の束感を出すなら、

オーセンティックオイルと「Product(プロダクト)ワックス」を混ぜて使います。

固まらないゆるふわな束感も作れます。

Product(プロダクト)は、手のひらで温めると柔らかくなる固形オイル

香りもオーセンティックオイルと同じマンダリン系です。

オーセンティックオイルとProduct(プロダクト)ワックスを混ぜて

毛先やこめかみに揉み込むように軽くつけると

ボリュームをおさえて、固まらない状態が続き、手ぐしで何度でも直せます。

ダヴィネス・オーセンティックオイルの4つの特徴

自然環境に配慮したオーガニック成分

植物由来成分98%以上。

全てのアイテムに配合されているオーガニックベニバナ油をはじめ、オーガニック由来のセサミオイル・ひまわり油・ホホバオイル・シアバターをふんだんに使用。
パラベンやラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、人工着色料、シリコーン、鉱物油、合成ポリマーは不使用で、自然環境に配慮した成分を選択しています。

davines公式ページより引用

オーガニックオイル配合

  1. レモン
  2. ベルガモット
  3. マンダリン
  4. ユーカリ
  5. ゼラニウム
  6. シダーウッド
  7. ローズ
  8. ネロリ
  9. オレンジブロッサム

オイルなのにベタつかない

  1. さらっとした軽いオイル
  2. 少量でとてもよく髪になじむ
  3. 夜まで乾かず広がらない

コスパが良い!

オーセンティックオイルは伸びがよく、少量でOK!

30 g入りで1ヶ月以上使えます。

ダヴィネス・オーセンティックオイル広がりを自然におさえる方法まとめ

  1. オイルはつけすぎない
  2. 濡れた髪に毛先からつける
  3. ワックスと混ぜて自然な束感作れる

今回は、乾燥ダメージヘアで毛先がパサパサな私がたどりついた、ヘアオイルとワックスの合わせ技でした。

柔らかく、べたつかず、自然のまとまります。

ぜひ試してみてください 。


 

こんにちはSHIROです。 精油の香りが大好きで、普段はオーガニックのオイル系スキンケアを使っていますが、ときどき高機能スキンケアでお肌にご褒美をしています。 季節や年齢でゆらぎがちなお肌にベストなスキンケアを見つけたい。 素肌の状態を整えてノーメイクになるのが目標です。 どうぞよろしくお願いします。